スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Saturday 

  • -
  • comments (0)
  • trackbacks (0)
<< 今日はここまで1219  |  ディープクリア読んだ >>

論理的思考法の研修をうけてきました。

以前は関西だけでもちょっとやったんですけど
今回は西日本全域で4日、けっこうみっちりやりました。

関西の同期でも色々語ったりしたのですが、その時はまだ自分のイメージが漠然としてて
あまり言葉にできなかったので、ここで覚書でもしておこうかなと思いました。

とりとめもなく、長くなりますよ

ロジックツリー、ピニミッドストラクチャ、フィッシュボーン、あたりを学びましたが
まず、この枝の分岐を二本以上出せないのは、この図のことが理解できていない。
適切な図思考法を選べていないか、問題設定の読み込みが浅いか。
あとは、MECEの重要性がわかっていないのか。
それを講師の先生ははっきりおっしゃられたほうが良かったのではないかしら。

また、時間の都合は大いにあったけど、「真因分析はなぜ五回」という言葉を真に受けるなら、
特にロジックツリーは5階層を目指すことが必要だったのかも。
最終発表で他の組の発表を聞くと、そこが浅い場所があったのはとても気になった。
「ある件の対応が後手に回ってる」という問題に
ただ「先手で対応する」としか書いてない・説明していないとか。
質問という形で聞くところができた班もあったけど、
あまりそうはできないところも多かったのはちょっとやり残してしまったと思ってる。

あと、偉い人の話をいくつか聞いて、心構えであるとか、社会人として重要なこととか
そういう説法も受けたのですが、あまりこういうことは言われてもなぁーというところがあって、
じゃあ言わなくてもいいのか、というと決してそうでもないのだけど
「可愛い子には旅をさせよ」と言う諺もあるように、苦難や困難があって初めて
格言なんかが身にしみてくるわけで、今言葉の表面だけを与えられて、
わかった気にさせられる(?)のはかえってその気づきを遅くするのではないかと、思ってしまう。

でも、どうせ直ぐに表層では忘れてしまうし、
「本を沢山読むのは青草を刈るようなものだ、その青草に種をまいても芽は出ないが
天日に晒して長い時間放っておくと、腐葉土となってとても良い栄養になる」という話もあったので
聞いただけの格言とかも、青草を分けてもらったようなものかも知れないなぁ。


あんまりロジックツリーとか、ピラミッドストラクチャとか、色んな名前をつけるのではなく、
ただ一つマインドマップを教えておけばそれで良かったのではないかと思う

Sunday 22:09

スポンサーサイト

Saturday 

  • -
  • comments (0)
  • trackbacks (0)

Comments

       
 

 

Trackbacks

Trackback url: