スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Saturday 

  • -
  • comments (0)
  • trackbacks (0)
<< 垂れ幕の神様  |  TB-BOX 自分へのご褒美! >>

20日のコト

アビさんと大楽さんのお二方がかかれましたので私も。
20日のコトを個人的心情も踏まえつつこまかくつっこみつつ進行で。

IN鶴橋。
予定より数分早くつく。駅員さんに新今宮からの所要時間を聞く。
これかなー?これかなー?と二本経過。
しかしそれらしい二人組は見つからず。(森下早くも焦り始める)
もしかして外回りにのって時間を潰してるのではと
思い逆ホームへ行こうとする(ありえないから)
この辺でキオスク報告が入る。
とりあえず向こう側のキオスクを確認。それらしき(略)
元のホームのキオスクも確認それらしき(略
おばちゃんにキオスクが駅にいくつあるか聞く。A3つ。
(実は三つめのキオスクがドコにあるか知らなかった。
大楽さんに詐欺だー!メールを入れる。
見逃しの可能性も考えてバタバタする。
そしてブックオフ情報入手。それらしき人物二人組発見。
どう声をかけていいかわからずああなりました(汗

お二人の印象はーなんというか書いても伝わらないと思うんですけど
大楽さんはうちの社長(学友会執行部部長)
アビさんはキウチィ(クラスメイト)っぽいかなーと。
こんなたとえでなんだかすいません。
しかし布施の朝は遅い。9時では100均と学校しか開店してないのです。
なので苦し紛れにエセかに道楽とかをぐるっとして、
(カフェエソラは落とし穴だった(あらかじめ確認しとけよ。
それからフッセへ。
大楽さんの所につっこみ
ユニクロがフッセに内蔵してあるのであって、
フッセとユニクロはお隣さんではないのです。
その後サティへ。個人的にヤングだと思うお店が見つからずに戸惑う。
まじで私の視界から消えた。本屋の次の階にあったはずなんだよ(涙
お騒がせしました。

そして目的の司馬遼太郎記念館へ。
途中道に迷いそうになる。あれ三人だからいけたと行っても過言では。
一人でも二人でも無理だったと思います(汗
みしらぬおっちゃんアリガトウ。
とりあえず私は蔵書の多さに感動しました。
あと帰り際。イキナリ走って本を買ったのは
「オリジナルブックカバーのため」書皮協の一員として。地元民として。
くだんの竜馬のシミは館のおばちゃんに教えてもらいました。
ありがとう。私天井にあるとは思わなかったよorz

大楽さんのところにつっこみ。
電池は帰りのうどんやさんの前なのですよ。

たこ焼やさんが美味しいといっていただけて満足です。
ただ、私のたこ焼はアレなんですよね。中はとろとろたこ焼。
ここでテレビ局談義に花が咲く。満開くらい。

そしてカラオケへ。長い事つきあわせちゃってすいません。
もう少し色々と電車にのって連れまわしてしまおうかという計画も
あったのですが、正直司馬遼太郎記念館の所要時間は分からず
朝のタイムロスがいたく。そして日本橋に行ったとしてどれくらい使うか
全く分からずで。どこ行くにしても微妙な土地・布施です。
大楽さんのところにつっこみ。私がうったったのが「ヘッドライト〜」です
ちょっと意外だったのがアビさんが女性ボーカルの歌も歌われていたコト。
私の周りは女友達も含めて男性ボーカル多めなので。90パーくらい?


さらにつっこみ。
乗り過ごしが難波なら
わざわざ特急に乗らなくてもすぐに鶴橋帰れますよ。(遅すぎ

まとめ。
始終さすべぇとエレベーターが気になる道中でした。

Monday 00:35

スポンサーサイト

Saturday 

  • -
  • comments (0)
  • trackbacks (0)

Comments

       
 

 

Trackbacks

Trackback url: