スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Saturday 

  • -
  • comments (0)
  • trackbacks (0)

男子寮第四回感想

うわぁ、タイトル漢字ばっかり。

気がついたらもうあと四週ですよ。
1クールって早いですねぇ。
本編の方はやっぱり、端折られが多くて(´・ω・`)

ラジオ、今回もはっちゃけてました。隔週の楽しみです。
女子寮も好きなんですけど、やっぱり男子寮ですねー
頭と終わりの小芝居、今回のが一番好き〜
ラジオ本編で鈴木さんの株がガンガンあがるんですけど。
本当にありがとうございました。
まさかあの台詞が聞けるとは……!
っていうか、スタッフもキャストも本編読もうよー。
吹奏楽でたとえるなら映画音楽演奏するなら
元の映画を見るなり調べるなりするのって
当然のことだと思うんだけどなー違うのかなー。

えと、後のコーナーについてはあまり触れると
イメージが、ね、あれですから、大爆笑したというくらいで。
鈴木さんの細かいネタのはさみ方が凄い好き。

Saturday 23:30

図書館革命

評価:
有川 浩
メディアワークス
---
はい、というわけで駆け足で読みきったシリーズ最終巻です。
別冊は番外だから。それはそれで。

自分の不手際で地雷を踏んだ要素もあって、
本当の意味でハラハラドキドキってのはなくって
ある程度の安心感がどこかにあったように思います。
サイテーだ自分 orz

それは置いておいて、今回星三つにした理由は
(というより他の巻より少なくした、の意の方がよろしいかもしれませんが
共感できる痛みがなかったから、っていうのが一つであり全部です。
話としてはとっても面白くて、
一ファンとして文句のないエピローグだったと感じてます、が
他の巻で郁が目の当たりにしてきた辛さやらなんかがなくって
そこに強い親しみと、同情と、怒りをもちながら読み進めていた自分にとっては
ちょっと残念な筋書きでした。
彼女が成長して、事件の規模も最終話相当になったためでしょうが、
やっぱり残念には違いないのです。

先ほどもいいましたが、もちろんシリーズ最終巻としては
それはもう文句なしで、かゆいです。指と指の間とか、
二の腕の横とか、アバラの横とか、いたるところが。そりゃあもう。
事ある毎にドメバを受けても文句ひとつ垂れない枕にはもう感謝しかないです。
(たぶん今から読み返すからもっと暴力はひどくなるでしょう(苦笑

あとは別冊を残すだけだぜ (・∀・)にやにや

Sunday 22:47

図書館危機

評価:
有川 浩
メディアワークス
---
というわけで三冊目です。
痛さが骨身に染みるシリーズです。
むず痒いのはニヤニヤしながら読んでますが。

背表紙のアレはアレだったのね。たしかに痛々しい。
見てるだけで心にチクチクするから
書店カバーは暫くかけたままにしておく。

ネタバレなしのレビューって難しいなぁ。
あ、今回始めて泣きました。号泣ってわけではなかったけど。
えっとね、早く革命(続き)が読みたいな。

じゃあ、ここからネタバレするかもしれない話ってことで。
続きを読む >>

Sunday 01:00

図書館内乱

評価:
有川 浩
メディアワークス
¥ 1,680
ということで、勢いで買ってしまった二巻でございます。
多分読んでる間ずっとニヤニヤしてて気持ち悪かったのではなかろうか。

一章は郁と堂上、
二章が小牧と毬江
三章が柴崎、
四章で手塚
五章でもっかい郁と堂上、

って感じの章立てなのかなぁ。
さすが、有川さんは女性だけあって
あの特有のネットワークの怖さをわかってらっしゃる。

寿子さんがありすぎて嫌だった。(褒め言葉)
うちの親もそういう気が少々あるんだけど、
まあ、なんだ。 心底同情する。

柴崎がいい奴すぎる。いくらひねくれてよーと、
素直に好き、って感情を受け入れられるところとか。
手塚も丸くなったよなぁ。これって二年くらい経過したんだっけ。
アニメに比べたら随分ゆったりしたスピードなんだろうけど、
それでもこっちとするとね。ほほえましいですけどね。

(・∀・)ニヤニヤ な話。
ちゃんと毎回おいしいところばっかりもってく堂上が
なんかカッコイイとか通り越してむしろかわいいと思う。
郁の見えてるところだけだとああだけど、
見えてないところでやってること考えると口角上がる。
過保護もなーこういう過保護ならうっとおしくないのかなぁ

Friday 22:00

図書館戦争

評価:
有川 浩
メディアワークス
---
ということで原作レビュー!っていうか高かった。自分で金出してないけど。
でも本を閉じる時の「パタン」って音はハードカバーならではですね(*´∀`)

面白いです。案の定というか、読み始めたら一日で終わっちまった。
コレが本当に月九だったら私はテレビ離れなんてしなかったと思う(笑
上辺を辿るならすごいツボを抑えてきてますね。
堂上がおいしいところを持って行き過ぎる。
328ページでかなり感動してたのに次の見開きですごいオチつけられた気分。
でもこういう定石がいいと思えるのはやっぱり書き手の腕だと思います。

ラブコメ部分に関しては文句なし。というか大いに共感する部分があってorz
郁に大分同調するなぁ。それじゃあダメなのか!?
検閲に対する憤りにもすごい同情する。(変換で堂上って出てきて笑った)
本好きをターゲットにした物語だなぁ。って印象です。だがそれがいい。
女性が書いた話って感じですねー。ぐいぐいつぼが押されてます。
職業体験で府立図書館にもぐりこんだことがあるので、
リクエストの話とかすごい面白かったです。
さすがにあそこまでは広くないし、移動式書架(かっこいい)に番号振ってたし
リクエストも大して多くなかったんだけど
だからこその裏づけみたいな感じですげーリアルでした。
でも一箇所、日野の悪夢のとこ。
府立中央では資料的価値のあるものが保管されてる部屋は
有事の際に真空にできる装置があったと思うのだけど、
そこは設備ダウンの時に一緒に落ちてたと思えばよいのかな?
あと中学生だったかのくだり、かゆかったけど、
でも本当にそのとおりだと思うん。
あほな評論家やまともな想像力のない識者かぶれは世の中のために要らない。

続きも読む。絶対読む。いつか読む。 ぎぶみーまねーorz

Tuesday 23:07

ワルターの戦い

さっきああやって持ち上げたとたんこれはないって!

爺さんの扱いでじゃっかいのごたごたはあると踏んだけど、
原作のあのシーンのすがすがしさがじめじめしたよ!
そうだよなぁNHKだもんなぁorz

というか、この調子だとエルクーブ大佐のあの激渋いセリフもカットですか。
そりゃないぜマッドハウス。

戦争が噛んだ話で誰も死なずに済むなんてそんな軽いことがあるもんかってんだ。
っていうか、中佐がー中佐がー。・゚・(ノ∀`)・゚・。
そりゃないぜマッドハウス(大事なことなので二回いいました)

Friday 23:27

目尻の押しボタンスイッチ

多分、もうトラウマってほどではないのだろうけど、
鮮烈さっていうのはそれはそれはもう際立って強くって
何度目の邂逅であっても、耐えるなんてそんな無粋な真似をするのは
虚構の中を魂を削りながらもがき続けた彼女にとても失礼だと、思うわけです。

今は私のなにもかもがべたべたしてて気持ち悪いけど、
そうはっきり言葉にしているほどには悪くない。


これって感想かなぁ(笑
初見の時の感想がこのブログに残ってて、
実に数年ぶりだかに読み返したのはいいんだけど、
動揺しすぎてかっこ悪いったらないね。

Wednesday 22:36

図書館戦争LOVE&WAR 1 (1)

原作者の有川さんは電撃大賞出身の方なんですけど
一冊目の「挿絵がなんかなぁ」って思ってるうちに
ハードカバーでの出版に移行されて、
手が届かない方らなられましたとさ。
で、その人気シリーズがですね、コミックになりましたから衝動買いです。

白泉社ですから、クオリティには心配してなかったのですが、
やっぱり少女漫画ですね、軍人なのに線が細い……!
とおもったら作画の弓さんが、配慮されての結果ってことが
(たった今)あとがきで判明したのでこれ以上やいのやいの言うのはやめておきます。
でも筋肉が内勤してるのやだからこれでいいのか、そうか。
名コミカライズだと思います。だって原作が読みたくなるんですもん。
「だいたいこういうところで落ち着くんだろうな」
っていうのは予想できるので、その分ニヤニヤしながら楽しめるのが
こういう話の強みだなぁって思います。

INDEX3が一番好きな話かなぁ。これとINDEX4の間のオマケマンガが面白すぎる。
あと凹む手塚がかわいい。

Tuesday 22:15

DS文学全集

伯母から貰った進級祝金(笑)で買っちまったぜ!
堪能したら貸すよ〜>mrnk

まずは、BGMがうぜぇ。
リラックス通り越して眠いわ!
あと、一画面に表示する量が少ないから、ページ数がやたら多い。
個人的にはもう一段階小さい文字がほしかった。
そして使いこなせ切れないしおり機能。
あ、説明書がちゃんと縦書きなのには好感が持てます。

あとね、我が家、なぜかWi-Fiができない。
これですげー勿体無い思いしてきたんだけど、
もういっそ端子買っちゃうかなぁ

とりあえず泉鏡花の『夜叉ヶ池』よんだ!
細かい表現がわかりにくいけど、
教科書の付録についてた鏡花の短編に比べたら随分読みやすかった。
そして予想通りすぎる青空文庫。
っていうかね、青空文庫ね、いいんだけどね、横書きだし
自分で調整するとルビは全部打ち直ししなきゃだからね、惜しいのね。
『瓶詰地獄』で懲りた。
あ、それで思い出した。『少女地獄』が入ってる!ひゃっほーい!
そうそう、瓶詰ないなぁ、って思ってたらこいつと勘違いしてたくさい。
でも夢野久作のために買える気がする。
そのうちドグラマグラ配信されそうでやーね。

Wednesday 13:40

#25

そろそろニコニコにも飽きたかなぁとか思ってた矢先にこれですか!
ついにサムネ、サムネが兄さんだ(*´∀`)
パケ絵とかそんなもんはなんかもう結構どーでもよいけど。

最近あまり熱心にはチェックしてなかったから、
掘り出し物が楽しみ。

ネタバレ注意。というか、ネタバレメモ。
続きを読む >>

Tuesday 10:54